女性らしいクビレを作るダイエット方法

女性らしいくびれを作るためにはただ痩せるだけではなく、腹部の筋肉を鍛える必要があります。

そうしないとお腹周りの脂肪が燃焼しただけで女性らしいボディラインを作ることができないからです。

ですので痩せるだけではなく、女性らしいクビレを作るには腹筋の腹直筋と腹斜筋を鍛えるトレーニングが必要なのです。

そしてその上で食事制限をしっかりと行う必要があります。
その食事制限とは、炭水化物の摂取を控えるというものです。

炭水化物は私達一日の食事の中で最も多く摂取している栄養素です。

ちょっと小腹が空いたから、おにぎりやパンを食べてしまうと、たちまち摂取カロリーが増えていき、体重が増えてしまう原因となってしまいます。

以上をまとめるとクビレを作る方法は腹筋と食事制限が重要になってくるのです。
ではその二つの方法を具体的に解説していきます。

■ツイストクランチと具体的な炭水化物ダイエットについて

ツイストクランチは、普通の腹筋運動を思いかべればわかると思いますが、くびれを生み出す腹斜筋の筋肉を鍛えるために、通常のクランチ(腹筋運動)にひねりをいれます。

まず普通に仰向けになってもらい、上体をおこなすときに、腹斜筋つまり腹部の横の筋肉を使って、
上体を右もしくは左に捻るように起き上がります。

反対も同じように行ってください。

左右の腹部の筋肉を使って捻り起きたら、これを一回とカウントして、合計15回実質30回行います。

初めて腹筋する方は、ご自身ができるペースで行ってください。先ほど前述しましたが、この筋トレ方法をツイストクランチといい、この運動を行うことで、腹直筋(お腹の筋肉)だけでなく、

腹部の横の筋肉を鍛えることができるのです。

次に食事制限ですが、炭水化物ダイエットの具体的な方法としましては、エネルギーを溜め込みやすい夜の時間帯のみ炭水化物をカットしてください。

例えば、炭水化物が二種類(うどん、ご飯)摂取している人は、1種類に限定して、夕食は炭水化物1種類しか食べていないという方は、炭水化物の量を減らしてください。

夕食で炭水化物の代表例といえば、日本人の主食ご飯ですが、2杯食べている人なら1杯に減らしたり、1杯の量が多ければ、半分に減らすなどという工夫を行ってみてください。

逆に朝食の場合は、炭水化物をさほど多く食べても、体重や体型に影響はありません。
ですがくれぐれも食べ過ぎないようにしてください。

以上が女性らしいくびれをつくる具体的な方法です。目新しさがない簡単な方法ですが、
女性の美は地道な積み重ねによって手に入れることができます。

あまり他のダイエット方法に目移りせず、シンプルにやるべきことをやっていきましょう。

エイジングケアの決め手は紫外線対策から!UV対策の方法

肌の老化はシミ、しわ、たるみ、毛穴の黒ずみなどさまざまな形で現れてきます。

肌の老化を感じるのは大半の人は35歳前後だそうです。そのころから、エイジング対策を始める方が、増えているようですが、効果的な対策には、原因をきちんと理解するがありますね。

肌の老化はいろいろな原因で起こります。紫外線、乾燥、またストレス、睡眠不足、食生活などの生活習慣に起因するもの、それに活性酸素です。よい生活習慣は、必ずしもエイジングケアというだけでなく、健康な生活を維持するにも必須の条件ですね。

また、活性酸素は老化の原因として注目されてきています。活性酸素は有害な紫外線が細胞に与えるダメージを避けるために、体の中で作りだされるものです。

紫外線が活性酸素を発生させているわけです。ところが、この活性酸素が増えすぎてしまうと、細胞に悪影響を与えてあいまいます。シミやしわの元になる酸化という現象が起こります。

だから、エイジングケアには、発生する活性酸素を減らしたり、無害化したりする対策が必要になります。紫外線対策(UVケア)は、活性酸素の発生を減らすための有力な対策になります。

地上に届く紫外線にはUV-A波とUV-B波があります。UV-A波は長い波長のもので、年間を通じて降り注いでいます。UV-B波はUV-A波より波長の短いもので、夏に特に強くなります。

日焼けで赤くなるのはUVB波によるものですが、実は注意したいのはUV-A波の方なのです。

UV-A波は皮膚の奥深くまで届いて、長い何月をかけて色素が沈着して、肌の老化を引き起こします。気を付けるのは真夏の太陽だけではないということです。

紫外線を防ぐには、まずは物理的に紫外線を浴びないことが大事なのはもちろんです。日差しの強い場所では、日傘、手袋、サングラスなどを着用しましょう。

遮光率の表示も確認しておきたいです。また、車に乗っている時の紫外線も要注意です。UVカットの窓ガラスを使ったり、そうでない場合には不用意に窓枠などに手をついて、長時間日光に当たるのは禁物です。

それに紫外線というのは1種のヤケド状態です。保湿が大事ですね。水を飲んで水分を補給したり、保湿効果のあるクリームを使うなどスキンケアが大切です。

スキンケア商品として、UVカット効果のあるクリームやファンデーションを利用しましょう。

下記のサイトも美白対策のためになる情報がいろいろ載っています。

アンチエイジングを成功させるためには?乾燥させない冷えさせないことが大切

アンチエイジングとは言わずもがな、老いに負けない若さをいつまでも保つために行なう努力のことです。その努力は当然ながら1種類だけではなく、幾つもの手段が存在しています。

まず、アンチエイジングを語る上で欠かせない手段と言えば、なんといっても紫外線のカットです。肌の老化を進める要因は幾つかあるわけですが、その中でも紫外線は大敵と言ってもいいほどに肌へのダメージを与えてきます。なので、紫外線のカットは重要になるのです。

紫外線をカットするためには、夏でなくとも日焼け止めを使うことがベストです。また、屋外に出る際には帽子、サングラス、長手袋といった日除けグッズを身に付けておくとなお良いでしょう。

そして、紫外線に気を付けるのは何も屋外での話だけではありません。窓から日光が差し込めば、当たり前ですが屋内にも紫外線は入ってきます。そうした屋内への紫外線を防ぐためには、遮光カーテンを利用すると良いです。

遮光カーテンは日光を遮ってくれるのはもちろん、冬場は外からの寒気を防いでくれますし、屋内の熱が逃げることも防いでくれます。色々と優秀なのでオススメです。

アンチエイジングで重要なのは紫外線のカットだけではありません。肌を乾燥させないこと、そして冷えさせないことも非常に重要です。

乾燥した肌は言うまでもなくカサカサとなってしまい、その状態自体が肌に重大なダメージを与えます。冷えた肌に関しては、血流が悪くなってしまうために老化が進みます。

どちらも対策は必須であり、無視してはいけません。

乾燥肌対策としては、やはり加湿器が一番です。多少お金はかかりますが、加湿器さえあれば乾燥肌になることはまずありません。また、洗濯物を室内に干すようにすると、それだけで室内が潤うことになりますので、試してみるといいと思います。

そして冷え対策に関してですが、まずはお風呂を工夫してみると良いです。よく半身浴が話題になりますが、それは確かに効果的であり、体の表面に汗が湧き出してくる程度の時間ゆったりと浸かっていると、お風呂を上がったあともしばらくは温かい状態を保つことができます。

それ以外の冷え対策としては、冷たすぎる飲み物を飲まないことなどが挙げられます。冬場はなるべくホットドリンクを飲むといった工夫をするだけで、冷えは解消されていくものです。

乾燥対策、冷え対策、どちらも大変重要ですので、是非お試しください。

簡単&美味しい!ティーブレイク美容法

美容やダイエットに興味があるけれど、激しい運動をするのは嫌だし、食事制限も難しそう…そんな風に尻込みしてしまっていませんか。

美しくなりたいとは思っても、それを実践すべく努力を続けるのは大変なことです。だからこそ、「ご自分にあった」美容・健康法を選び、「無理なく続けて行く」ということが、実は一番大切なポイントなのです。

そんな風に無理なく続けられる美容法なんてあるの?と疑問に思われるかもしれませんが、実はいつもの食生活に加えて「お茶をたくさん飲む」という事をプラスするだけで、見違えるほど元気で美肌になった人がたくさんいます。

秘伝のものすごく高い美容茶を買え、ということではありません。これもまた自分の好みに合う健康的なお茶を選んで、それを頻繁に飲むと言うだけです。

また、普段あまりお茶や水など、飲料そのものを頻繁に飲む習慣がない…という人は、ひょっとしたら体の中が慢性的に水分不足になっているかもしれません。

個人的な体質もあるのですが、自覚がないままに体内水分が不足していくと、体調を崩しやすくなったり、体臭がきつくなることもあります。

もちろん腸内環境はボロボロになり、肌荒れが深刻になってしまうので、まめな水分補給はしておいて損はないと言えるでしょう。その点からも、お茶を頻繁に飲むティーブレイク美容法はおススメです。

■美容むけのお茶の種類色々!

美容効果のあるお茶、と言っても実に様々な種類があります。国民飲料とも言える緑茶には、カテキンはじめ様々な栄養素や有用成分がぎっしり詰まっています。

ご飯にも合うという特徴を生かし、一日数杯飲み続けられれば、体内デトックスのサイクルが好転していきます。

ハーブティーには特徴的な香りがありますので、ちょっとした仕事の合間の息抜きに最適です。ダイエット効果やデトックス作用など、自分の美容目的に応じてブレンドされたものを選んでも効果的です。ノンカフェインのお茶が多いのも嬉しいですね。午後の遅い時間帯以降は、こちらを飲みましょう。

また、最近美容成分から注目されているのが南アフリカ原産のルイボスティーです。紅茶に近い風味にほんのりとした甘みが特徴です。

体の酸化を遅らせる成分が入っており、アンチエイジングを目指す方にはうってつけと言えます。普通のお茶のように熱湯で淹れる他、水出ししても美味しいので、夏場にはぜひ作り置きをしておきましょう。

また、食事でとった脂肪分を分解する作用のある、ウーロン茶もダイエットの観点から人気です。さっぱりとした風味には高いリラックス効果・そしてデトックス作用もありますので、こちらもおすすめです。

紅茶については、生のショウガスライスを茶葉と一緒に淹れて飲む「ショウガ紅茶」が一押しです。体を温めて基礎体温を上げ、代謝をよくしてくれます。冷え性の方は魔法瓶などにたっぷり作って、まめに飲むと効果がばっちり出ますよ。

砂糖やミルクをたっぷり入れるイメージが強いので、紅茶はダイエット向きではないように感じられますが、整腸作用やデトックス効果がちゃんとありますので、ストレートでたくさん飲みましょう。

以上ごくわずかな例を紹介しただけでも、美容の味方になってくれるお茶は数多く存在します。あなたのお気に入りのお茶を見つけて、美味しいティーブレイクを楽しみながら、さらに美しくなっていって下さいね!

美白への一歩は、体の外からも中からも!肌を白くする食べ物は?

年齢を重ねて行くにつれ、気になる美白。若い時に日焼けを安易に考えすぎた結果、現れてしまうシミやそばかすの他、どれだけ、注意して生活してきたにも関わらず、いつの間にか黒ずんで見えてしまう肌。

原因は、人それぞれではあるものの多くの人が、美白において、悩みを抱えていると思います。

そんな、美白と聞いて思いつくのは、美白化粧品かと思います。多くの美白化粧品が販売されており、どのメーカーの物が良いのか悩むほどです。

そんな、多くの美白化粧品を使用する事は、もちろん、肌にとって欠かす事の出来ない大切な事ですが、実際の所、美白化粧品のように肌に直接、与えるものの他、実は、体の内部から与える影響も大きいと言われています。

実際、美白を気にしている人の場合、体の外からも中からも、美白に効果のあると言われる事を実践しています。

■美白効果が期待できる食べ物とは?

美白効果を体の中から行う為には、やはり、毎日の食事に気を配る事が大切になってきます。

まずは、紫外線によって増えてしまった活性酸素の除去を食べ物で行う必要があります。そこで、その活性酸素の除去に必要な抗酸化作用の大きな食べ物として、トマトが最も良い食べ物になっています。

トマトの場合、抗酸化作用の大きいリコピンを多く含んでいるだけではなく、ビタミンCも多く含んでいる為、美白には、欠かす事ができない栄養素がたっぷりの食べ物になっているのです。

その他、キウイもお勧めで、このような、トマトやキウイを積極的に食べるほか、緑黄色野菜を積極的に食べて行く事で、体の中から美白を行う事ができると言われています。

また、このような野菜や果物の他、大豆類なども美白効果の高い食品になってます。大豆と言う事で、豆腐や豆腐を食べる事が出来ない場合、豆乳を飲む事で、簡単に大豆を摂取する事ができ、美白効果につなげていく事ができるようになっています。

このように、美白効果を期待する事ができる食品は、野菜、果物、大豆と様々で、それらを上手に摂取していく事で、美白を体の中からも外からも行っていく事ができると言うわけなのです。

とは言っても、食べれば食べるほど良いと言う事ではなく、毎日、規則正しく摂り続けていく事が大切になってきます。